京都で行われた婚活パーティーに参加した体験談

彼氏が浮気をしていた?!

彼氏が浮気をしていた?!30歳を過ぎてからの結婚は遅い?!婚活パーティーは初めてでとても緊張した

 私は、学生時代には彼氏がいました。
しかし、私は地元の京都、彼が東京の企業に就職が決まったのを機に遠距離恋愛になってしまいました。
最初のうちは、メールや電話などで毎日連絡を取っていました。
しかし、仕事が忙しくなるにつれ、どんどん電話の時間が短くなってしまったのです。
そして、休みが重なったときは会いに行ったり会いに来てもらいました。
東京と京都はとても遠いですから、名古屋で会うこともあったのです。
しかし、だんだんとそのような時間をとることが難しくなりました。
私は彼のことを思い、一生懸命に働きました。
 ある日、彼の部屋へ遊びに行きました。
そのとき、彼のベッドでとても奇妙なものをみつけたのです。
それは、茶色の長い髪の毛でした。
当時の私は黒髪のボブでしたし、とても怪しいと思いました。
そして、そこから1ヶ月後、東京で就職した友達から連絡が来たのです。
内容は、私の彼氏が茶色い長い髪の女性とキスしていたというのです。

私が行った婚活パーティーの体験談

県が行っている婚活パーティーに参加してきました。
婚活パーティーにも色々種類があり、年代別、年下彼女年上彼氏、バツイチOkなど自分に合ったイベントが選べます。
合コンなどですと、自分はこういう人を求めているのに、相手はそうではない。という考えや、価値観の違いがある場合がありますが、婚活パーティーはそれぞれ同じような思いや目的で男女が集まるので、話が進みやすいという風に感じました。
私が行ったパーティーは、働いている人の恋を応援しますというパーティーで、年齢は女性は28~39歳、男性は35~42歳という幅でした。
女性は年齢は以外にも応募条件はなかったのですが、男性は年収いくら以上や、公務員に勤めている方、大学を卒業している方など、色々条件が付いているようでした。
女性からしたら安心できるなと感じました。
ネットから応募して、支払いは当日というシステムでした。
主催によっては事前に振り込む場合もあるようです。
特に服装の規定もありませんでしたが、きれいめでという内容を書いていましたので、当日はパンツスタイルですが、きれいめでまとめていきました。
当日受け付けをすまし、会場に入り席に着くと事前にプロフィールを書くように言われ、開始までの間、用意されていた用紙に記入をしました。
服装は、わりと皆さんラフなかんじで、男性はスーツの方が少なかったです。
ですが、第一印象は大事ですので、服装や髪形はまとめていくほうがいいと思います。
名前や年齢、職業、趣味、女性は得意料理を書くところ、男性は年収をかくところがあったりと、男女で少し違う部分もありました。
人数は15人ずつぐらいで、司会の人の進行に従って進んでいく形でした。
最初は自己紹介タイムで、相手とプロフィールを交換しながら全員と三分ずつ話していきましたが、全員と話をすると誰とどの内容を話したのか、どの人が印象良かったのか分からなくなってしまいます。
なのでメモする時間も設けてくれていますので、簡単でもいいのできちんとメモすることをおすすめします。
次はまた改めて話したい人のところに行き、話せるタイムにはいますが、それが三回あります。
まずは男性が女性のところにきてくれます。
来てくれる間は女性は目をつむっていて、目をあけるまで誰が来てくれたかわかりません。
これを男性も三回繰り返し、次は女性が同じ流れで男性とお話します。
話したい男性が他の女性とかぶってしまうとその場でじゃんけんをし、勝った人がお話しできます。
人気の方というのは集中しますので、チャンスがあれば積極的にアピールするといいと思います。
気になる人とお話しできなくても、連絡先を三人の方に渡せることもできますので、せっかくですので、すべてのカードを使いきりましょう。
実際、その時は何も思ってなかったのですが、連絡先をいただいたのでお礼も含めて連絡して、後々いい関係になるということもありました。
最後は第三希望まで気になる人を記入し、主催の方が集計してくれて誰とカップリングになれたのかこっそりと教えてくれます。
私は第一希望の方とカップリングになれました。
終わって外に出るとその方が待っていてくれたので、連絡先を交換して少しだけお話しました。
その日はお互い時間がなかったので後日ご飯にいきましたが、そのままご飯やう飲みに行った方もいました。
カップリングになった方とはお付き合いはしませんでしたが、お付き合いできれば話は順調に進んでいくように感じます。
私の体験談でしたが、色々な職業の方がいますので、出会いの幅がとても広がります。
普段なかなか出会いがないという方は勇気を出して参加してみてはいかがでしょうか。